世界初!4×4MIMO技術採用された「Speed_Wi-Fi_NEXT_WX01」を紹介!

世界初!4×4MIMO技術採用された「Speed_Wi-Fi_NEXT_WX01」を紹介!

現在までWiMAXとWiMAX2+、2種類の高速モバイル通信を展開しているUQコミュニケーションズですが、新料金プラン「ギガ放題」をはじめ、今後サービスは一気にWiMAX2+にシフトしていきます。WiMAX2+対応エリアもほぼWiMAX対応エリアと同じ規模にまで拡大されています。

 

WiMAX2+対応のルータも続々登場しています。そしてその最新機種が2015年3月に発売、大きな反響を呼んでいるのです。それが「Speed Wi-Fi NEXT WX01」。ここではその特徴やスペックをご紹介します。

世界初!4×4MIMO技術採用で最大220Mbps

「Speed Wi-Fi NEXT WX01」(NECプラットフォームズ製)の大きな特徴は何といっても、WiMAX2+で下り最大220Mbpsの高速通信に対応していること。これより前に発売された「Speed Wi-Fi NEXT W01」(ファーウェイ・ジャパン製)も下り最大220Mbpsに対応していますが、両者はそのアプローチが違います。

 

「W01」が、WiMAX 2+通信の周波数帯を倍化する「キャリアアグリゲーション」を採用しているのに対して「WX01」は、「4×4 MIMO」という新しい技術を採用しているのです。4つのアンテナを送受信側に実装して高速化を実現するもので、非常に技術レベルの高い方法です。キャリアアグリゲーションは携帯電話のLTE通信に採用されているのに対して、4×4 MIMOの技術を商用化にまで可能にしたのは世界初とのことです。

 

さらに大きな両者の違いは対応エリア。WiMAX2+のキャリアアグリゲーション対応が栃木県真岡市エリアから順次拡大であるのに対して、「4×4 MIMO」は、ほぼ全国の基地局で対応しているので、とにかく早く最速220Mbpsを体感したいという方には「Speed Wi-Fi NEXT WX01」がおすすめです。

 

また、Speed Wi-Fi NEXT WX01は、従来規格「802.11n」の11倍以上の高速通信が可能な新しい無線LAN規格「802.11ac」にも対応しています。

 

WiMAXの「802_11ac」とはいったいなに?

「W01」と「WX01」との違いに注目

Speed Wi-Fi NEXT WX01の特徴を、同じWiMAX2+対応機種である「Speed Wi-Fi NEXT W01」と比較して見ていきます。上記の技術的な違い以外に大きな違いは、対応回線です。

 

1つは従来のWiMAX(2+ではない)について、WX01は対応、W01は非対応となっています。「WiMAX2+が使えるならWiMAXは不要では?」と思う方があるかもしれませんが、現時点ではWiMAX対応エリアのほうがWiMAX2+のほうが若干広いことと、WiMAXは月間データ量7GB超による速度制限がないという長所があります。

 

もう1つは「au 4G LTE」。こちらはWX01では不可、W01では可能となっています。au 4G LTEの強みはもちろん、対応エリアの広さ。人口カバー率99%(プラチナバンド 800MHz)を誇り、WiMAX2+が対応していないエリアでも、au 4G LTEなら使える、というエリアはかなりあるはずです。

 

その他、サイズや重量、バッテリーの持ちなどは両者少しずつ違います。UQ WiMAXの公式サイトなどで製品スペックを調べ、ご自分の使い方によりマッチした機種を選びましょう。

 

WiMAX2+のおすすめキャンペーンを比較ランキング!

関連ページ

WiMAX2+の端末「Speed Wi-Fi NEXT W01」の紹介
いろいろな固定回線・モバイル回線を比較検討の末、「WiMAX/WiMAX2+を始めよう!」という方が、次に考えねばならないのは、どの端末を使うかです。たくさんの製品が販売されていますが、今はぜひ、WiMAX2+に対応した機種を手に入れておくべきです。現在のWiMAX/WiMAX2+サービスは、今後確実に、WiMAX2+中心に移行してゆくからです。ここではWiMAX2+対応機種の中で、2015年発売の最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W01」をご紹介します。
USB型のWiMAX2+をお探しなら「URoad-Stick」がお勧め!
高速モバイル通信サービス・WiMAX/WiMAX2+は、モバイル系では唯一、通信データ量7GB超での速度制限のないサービスとして人気を集めています。対応機器のラインアップも続々増えてきています。WiMAXは携帯キャリアでないため、端末はデータ通信専用のルーターなどに限られますが、各メーカーとも個性的な機種を出しており、WiMAX2+のキャリアアグリケーションによる最大通信速度220Mbpsに対応した機器も登場しました。ここでは2015年1月に発売された「URoad-Stick」についてご紹介します。