一人暮らしにお勧めの簡単節約術!自宅のネット回線をWiMAX2+にして、ネット代とスマホ代を安くする方法

一人暮らしにお勧めの簡単節約術!自宅のネット回線をWiMAX2+にして、ネット代とスマホ代を安くする方法

今やネットのない生活は考えられないほど、インターネットは私たちにとって身近なものになっています。毎月かかる通信費用も、いわば暮らしの必要経費。とはいえ、自宅の回線にスマホの利用料金を合わせると、場合によっては約1万円という馬鹿にならない額になります。少しでも節約できるに越したことはありません。

 

そこでWiMAX2+を上手に活用しましょう。ネット代とスマホの料金を安くすることができます。ここではその方法をご紹介します。

自宅用でもモバイルでも使えるWiMAX2+

インターネットを身近に使っている方々の多くは、自宅固定のパソコンで使う回線と、スマートフォンのモバイル通信を別個に契約していると思います。当然、それぞれに料金がかかるので、トータルでの通信コストはかなりふくらんでしまいます。

 

そこでネット代を安くするためにおすすめしたいのが、両方の回線をWiMAX/WiMAX2+に一本化するという方法です。自宅のPCにはWiMAX2+のモバイルルーターを無線または有線でつなぎ、スマートフォンでの通信も、携帯キャリアのLTEを使わず、WiMAX/WiMAX2+で接続するのです。こうすることで携帯キャリアの通信量を格段に抑えることができます。

 

また、WiMAX2+は最速110Mbpsと光回線にも遜色のない通信速度で、かつデータ通信料の上限もないため、メインの固定回線としても十分な性能を持っています。

実際、どれだけ安くなるのか?

では実際に、どれくらいネット代を安くできるのでしょうか。まずは、スマートフォン単体利用での料金を見てみましょう。ドコモを例にとると、まず通話し放題の「カケホーダイプラン」の基本料が2700円、プロバイダ料金が300円。データ通信量が5000円(5GB上限)として合計8000円となります。これに、自宅の固定回線の料金がプラスされますので、仮に月2000円程度のADSLを使っていたとして、トータルの通信費は月1万円となります。

 

一方、スマホのデータ通信をすべてWiMAX2+経由で行う条件で計算しますと、まずWiMAX2+の低額プラン「UQ Flatツープラス ギガ放題」は月4380円(25か月間)。スマホの通信もこれで行うので「カケホーダイ」のデータ通信は不要、基本料2700円のみでOKとなります。合計7080円、月3000円ほどネット代が安くなる計算です。

 

以上はドコモでの料金比較ですが、大手携帯キャリアについては大きな違いはないようです。ただしキャッシュバックなどキャンペーンの内容はかなり多岐に分かれますので、節約第一という方は、その内容も加味して検討する必要があります。

まとめ

上記のようなWiMAX/WiMAX2+の使い方をするにあたり、一つ気を付けておきたいことがあります。それは、ご家族にネットを自宅で使う方がある場合です。

 

スマホのデータ通信をWiMAX2+で行うには、当然そのモバイルルーターもスマホと一緒に外へ持ち出すことになります。その間は自宅でネット回線が使えなくなるため、ご家族には不便かもしれません。料金の安さばかりを見るのでなく、実際の使い勝手もよく考えて最適の方法を選んでくださいね。

 

WiMAX2+のおすすめキャンペーンを比較ランキング!

関連ページ

WiMAX2+と格安スマホでインターネット代とスマホ代が劇的に節約できる件
大手小売のイオンがサービスを始めて一躍話題となった「格安スマホ」。以来、さまざまな事業者が新規参入し、今やライトユーザー向けの新しい通信プランとして定着した感があります。この「格安スマホ」、低価格ゆえのデータ通信量の少なさが玉にきず、なのですが、実はWiMAX2+と併用することで問題を解消し、抜群のコストパフォーマンスを得られるのです。ここではそのノウハウをご説明します。
超簡単!100均ショップで揃う、WiMAX2+のアンテナを自作する方法
速度制限のないモバイル通信として人気の高いWiMAX/WiMAX2+。特にWiMAX2+は最速110Mbpsという光回線なみの速度とあって、屋外での利用のみならず自宅用のネット回線としても多く使われています。一方でWiMAXの弱点とされているのが、特に室内でのつながりにくさ。これを改善するためにはいろいろな方法がありますが、中でも効果的なのが「アンテナ自作」。ここではWiMAX/WiMAX2+のアンテナを自作する方法をご紹介します。
WiMAXやWiMAX2+のエリア内なのに繋がらない理由はコレ!
モバイル通信回線と固定の通信回線の違いは多々ありますが、その中でもモバイル通信の最たる弱点とされるのが「接続の安定性」です。高速モバイル通信として人気のWiMAX/WiMAX2+も例外ではなく、対応エリア内でも繋がらない、あるいは繋がりにくくなることは珍しくありません。ここでは、その考えられる理由をいくつか紹介します。WiMAXで快適なネット通信を行うための参考にしてください。
WiMAXやWiMAX2+を使っているけど通信速度が遅い!?そんな時の対処法とは?
最速下り110Mbpsという高速通信が売りのWiMAX2ですが、あくまでこれは最大値。そこまでの通信速度が出ることは、実際にはそうありません。むしろ通信環境によっては、「思ったよりも速度が遅い!」とイライラする場面のほうが多いかもしれません。モバイル通信の宿命とも言える、通信速度の不安定さ。ここでは、WiMAXやWiMAX2+の速度が遅い時の対処法をいくつかご紹介します。
室内でWiMAX2+が繋がらない!?そんな時にお勧めする対処法はコレ!
外では快適に使えていたWiMAX2+が、お店の中に入ると、急にブツブツとつながりにくく…。そんな経験が、WiMAXユーザーには1度や2度は必ずあると思います。高速モバイル通信としてとても魅力的なWiMAX/WiMAX2+ですが、電波の特性上、携帯電話などの電波と比べて室内に届きにくい弱点があります。一方、最大110Mbpsと光回線と遜色ないWiMAX2+を自宅のネット回線に使いたい方も多く、室内での繋がりは何とかしたいところ。この問題に対応する方法をご紹介します。