WiMAX2+と格安スマホでインターネット代とスマホ代が劇的に節約できる件

WiMAX2+と格安スマホでインターネット代とスマホ代が劇的に節約できる件

大手小売のイオンがサービスを始めて一躍話題となった「格安スマホ」。以来、さまざまな事業者が新規参入し、今やライトユーザー向けの新しい通信プランとして定着した感があります。

 

この「格安スマホ」、低価格ゆえのデータ通信量の少なさが玉にきず、なのですが、実はWiMAX2+と併用することで問題を解消し、抜群のコストパフォーマンスを得られるのです。ここではそのノウハウをご説明します。

 

安さの理由は「通信制限」

格安スマホとは、SIMフリー(キャリアごとのSIMカードを選ばずに使える)のスマートフォンと、データ量や機能を抑えたSIMカードを組み合わせた通信サービスです。LTEの高速データ通信が、端末価格込みでも月々平均3〜4000円代という安さから、携帯キャリアのスマホ料金の高さを敬遠していたユーザー層に一気に広まりました。

 

今ではさらに安い、月2千円代のスマホも登場しています。格安スマホがこれだけ料金を抑えられるのは、データ通信量を制限しているからです。制限量はプランによって異なり、各社1GB〜10GBの制限を設けています。これを超えてしまうと通信速度が極端に低下しますので、格安スマホを使う時は、データ通信量に気を配っておく必要があります。

大きなデータ通信はWiMAX2+の出番

格安スマホでは、動画閲覧やゲームなど、通信データ量の大きい使い方は限られてきます。でもせっかくのスマホ、通信量など気にせず、存分にやりたいことを楽しみたいですよね?そこでWiMAX2+の登場です。WiMAX2+は最大速度110MbpsとLTE並みの高速通信が可能で、かつ7GBの通信制限がありません(ギガ速プラン)。

 

そのためWiMAX2+のモバイルルーターでスマホを接続すれば、データ量制限を気にする必要はなく、たとえ1GBの最安プランでも、大容量のデータ通信をスマホで楽しめるわけです。もちろんWiMAX2+の料金(月3千数百円)は必要ですが、WiMAX2+を自宅での通信回線に兼用すれば良いので、トータルの通信費用を大きく抑えられます。

 

WiMAX2+のおすすめキャンペーンを比較ランキング!

WiMAX2+が苦手な場所ではスマホのLTEを

WiMAX/WiMAX2+は、携帯電話と比べて高い周波数帯を使っているため、建物の中や地下ではつながりにくい欠点があります。そういった場所では、格安スマホのデータ通信を使えば良いです。

 

格安スマホで基本はWiMAX2+で接続し、つながりにくい場所では限定的にスマホで接続。この使い方であれば、ほとんどの方は月1GBでも用が足りると思います。両者の長所をうまく活用して、安く、便利にスマホを使いましょう!

 

関連ページ

超簡単!100均ショップで揃う、WiMAX2+のアンテナを自作する方法
速度制限のないモバイル通信として人気の高いWiMAX/WiMAX2+。特にWiMAX2+は最速110Mbpsという光回線なみの速度とあって、屋外での利用のみならず自宅用のネット回線としても多く使われています。一方でWiMAXの弱点とされているのが、特に室内でのつながりにくさ。これを改善するためにはいろいろな方法がありますが、中でも効果的なのが「アンテナ自作」。ここではWiMAX/WiMAX2+のアンテナを自作する方法をご紹介します。
WiMAXやWiMAX2+のエリア内なのに繋がらない理由はコレ!
モバイル通信回線と固定の通信回線の違いは多々ありますが、その中でもモバイル通信の最たる弱点とされるのが「接続の安定性」です。高速モバイル通信として人気のWiMAX/WiMAX2+も例外ではなく、対応エリア内でも繋がらない、あるいは繋がりにくくなることは珍しくありません。ここでは、その考えられる理由をいくつか紹介します。WiMAXで快適なネット通信を行うための参考にしてください。
WiMAXやWiMAX2+を使っているけど通信速度が遅い!?そんな時の対処法とは?
最速下り110Mbpsという高速通信が売りのWiMAX2ですが、あくまでこれは最大値。そこまでの通信速度が出ることは、実際にはそうありません。むしろ通信環境によっては、「思ったよりも速度が遅い!」とイライラする場面のほうが多いかもしれません。モバイル通信の宿命とも言える、通信速度の不安定さ。ここでは、WiMAXやWiMAX2+の速度が遅い時の対処法をいくつかご紹介します。
一人暮らしにお勧めの簡単節約術!自宅のネット回線をWiMAX2+にして、ネット代とスマホ代を安くする方法
今やネットのない生活は考えられないほど、インターネットは私たちにとって身近なものになっています。毎月かかる通信費用も、いわば暮らしの必要経費。とはいえ、自宅の回線にスマホの利用料金を合わせると、場合によっては約1万円という馬鹿にならない額になります。少しでも節約できるに越したことはありません。そこでWiMAX2+を上手に活用しましょう。ネット代とスマホの料金を安くすることができます。ここではその方法をご紹介します。
室内でWiMAX2+が繋がらない!?そんな時にお勧めする対処法はコレ!
外では快適に使えていたWiMAX2+が、お店の中に入ると、急にブツブツとつながりにくく…。そんな経験が、WiMAXユーザーには1度や2度は必ずあると思います。高速モバイル通信としてとても魅力的なWiMAX/WiMAX2+ですが、電波の特性上、携帯電話などの電波と比べて室内に届きにくい弱点があります。一方、最大110Mbpsと光回線と遜色ないWiMAX2+を自宅のネット回線に使いたい方も多く、室内での繋がりは何とかしたいところ。この問題に対応する方法をご紹介します。